Tag Archives: artificial nose

Magnetometry of microcrystals using a membrane piezoresistivesensor – NANOSENSORS MSS

Prof. Ohmichi from Kobe University presented his first results on magnetometry using the NANOSENSORS Membrane-type Surface-stress Sensor (MSS) (NANOSENSORS special development code: SD-MSS-1K) at  the 72nd Annual Meeting, the Physical Society of Japan (JPS) (Osaka University, Toyonaka Campus, March 17 – 20, 2017).
Congratulations to Professor Ohmichi for the excellent results!

from magnetometry of microcrystals using a membrane piezoresistive sensor - NANOSENSORS MSS - graphics courtesy Professor Ohmichi Kobe University
from “Magnetometry of microcrystals using a membrane piezoresistive sensor” –  graphics courtesy Professor Ohmichi Kobe University

18aC21-8, “Magnetometry of microcrystals using a membrane piezoresistivesensor”

Kobe Univ., Graduate School of Science, Kobe Univ., Faculty of ScienceA, Kobe Univ., Org. Adv. Integ. Res.B, Kobe Univ., Mol. Photosci. Res. CenterC
Ohmichi, K. IshimuraA, T. Okamoto, H. TakahashiB, and H. OhtaC

⽇本物理学会第72回年次⼤会、大阪大学 豊中キャンパス、2017年3月17〜20日
18aC21-8 「メンブレン型ピエゾ抵抗センサーを用いた微小試料の磁気測定」
神戸大院理, 神戸大理A, 神戸大先端融合研究環B, 神戸大分子フォトセC
大道英二, 石村謙斗A, 岡本翔, 高橋英幸B, 太田仁C

The respective article can be found if you follow this link: New method for torque magnetometry using a commercially available membrane-type surface-stress sensor

organic superconductor hysteresis curve at low temperature in different magnetic fields - graph from "Magnetometry of microcrystals using a membran piezoresistivesensors" " courtesy Prof. Ohmichi, Kobe University
organic superconductor hysteresis curve at low temperature in different magnetic fields – graph from “Magnetometry of microcrystals…” courtesy Prof. Ohmichi

人工嗅覚(におい)センサーの研究開発向けに新しいタイプの「ピエゾ抵抗つきナノメカニカルセンサー」をSpecial Development list(特別開発品リスト)に追加し販売開始

Membrane-type Surface Stress Sensor (MSS) / 膜型表面応力センサーは「ピエゾ抵抗つきナノメカニカルセンサー」構造を利用して気相中の様々な微量成分を高感度に検知し電気信号へと変換するためのデバイスです。医療・食品・環境・安全など様々な分野への応用が期待されている人工嗅覚(におい)センサー/システムのコアコンポーネントとして威力を発揮します。
センサー上のシリコン膜に塗布された感応膜にターゲット分子が吸着(吸収)すると表面応力が生じ膜をたわませ、それ支えるピエゾ抵抗つきの細い梁に力が加わります。抵抗変化を時間経過とともに計測することで対象の分子を検知することができます。デバイス全体の特性は感応膜がどの分子にどれくらいの感度で反応するかで決まります。「ナノメカニカルセンサー」はシリコン膜のたわみ量を効率よく電気信号へと変換するトランスデューサーとして働きます。
NANOSENSORS™はMSS技術に基づいた「ピエゾ抵抗つきナノメカニカルセンサー・SD-MSS-1K」をSpecial Development list(特別開発品リスト・http://www.nanosensors.com/pdf/SpecialDevelopmentsList.pdf)に追加しました。「SD-MSS-1K」はユーザーが独自の感応膜をコーティングして特定アプリケーション向けのセンサーを開発することを想定し、ベアチップ「感応膜なし」の状態で販売されます。「SD-MSS-1K」は人工嗅覚システムへ向けての研究開発に新たな可能性をもたらします。
「SD-MSS-1K」の製品カタログはこちらよりダウンロードができます。詳しい技術情報、販売価格や納期等は電子メールにてinfo@nanosensors.comまで直接お問い合わせください。

Single SD-MSS-1K chip
Single SD-MSS-1K chip
NANOSENSORS MSS SD-MSS-1K
NANOSENSORS MSS SD-MSS-1K
Multiple SD MSS-1K chips
Multiple SD MSS-1K chips
The working principle of SD-MSS-1K
The working principle of SD-MSS-1K